メニュー
大型テント倉庫
アーチ型の仮設テント倉庫

間口7mと間口8m 移設を前提にしたテント倉庫です

片流れテント倉庫 7×17

間口いっぱいに3枚のハンガードアを設けました。ガイドレールを敷いていますので大きなドアでも軽く動きます。

666号申請のテント倉庫

同じテント倉庫ですが、有効6mのため666号申請になっています。

標準タイプのテント倉庫 

間口8m×奥行19.5m 両妻出入り口で風通し良好

入り口2か所のテント倉庫

間口5m×奥行10mのテント倉庫のご紹介 延焼ラインもあり不燃の生地を使用しています。

大型テント倉庫 変形

敷地の形状に合わせて変形型で建てました。

大型テント倉庫 間口16m×22m

側面に入り口が2か所あり、庇・雨樋をつけています。

テント倉庫 仮設タイプ

間口20mのテント倉庫

間口20m、延焼ラインの所で生地を不燃と分けています。

片流テント倉庫

間口14.8×11.2の片流テント倉庫です。テントの生地はピーチで、とても鮮やかで目立ちます。

4寸勾配のテント倉庫

積雪の多い地域です。雪の事も考慮して勾配を4寸にしています。

永く、美しく 15年高耐久のエバーマックス UM-200

この生地は15年耐久 高強度膜材料 です。 変色も少ないとのこと。値段は少しアップしますが、検討して見てはいかがですか。

テント倉庫 標準タイプ 2パターン

芯材カーテン、標準のハンガードアの2パターンになります。

庇付き大型テント倉庫

間口21.3×奥行33.8の大型テント、3mの庇テントを設けました。荷物の積み下ろし作業の効率化を図ります。

切妻型テント倉庫

間口14.8m奥行48.6mのテント倉庫。片方の壁は芯材カーテンにしてあります。

入口全面開口の大型テント倉庫

間口20m奥行18m入り口全面蛇腹式のテント倉庫です。

最大のテント倉庫

今年最大のテント倉庫の完成です。中間に柱を建てました。

下呂市 間口15mのテント倉庫

可燃物倉庫のため、ガラスクロスで内張りしています。積雪90cm地域の仕様になっています。

石川県 多雪地域でのテント倉庫

間口12m×40.5m 多雪地域の設計になっています。

伸縮式ハウス 間口10m×19m

広げると19m、たたむと5m 片側に寄せるタイプの伸縮式ハウスです。

ハンガードアを外側にしたテント倉庫

引き戸を外側に取付けることによってシートシャッターとの隙間をなくしています。

側面に10m開口のテント倉庫

長尺物を出し入れするため、大型のボックストラスで10mの入り口を設けました。

蛇腹式大型テント

伸縮式10m×30mです。  中心から両方に開放するタイプ、資材の出し入れに作業効率を発揮します。

テント倉庫の中に走行クレーン

走行クレーンをテント倉庫で覆ったパターンです。雨の時も作業を止めることなく、稼働率がUPします。

側面が固定と蛇腹カーテンの大型テント

17m×41mの切妻型テント  300角のコラムです。

庇を大きくしたテント倉庫

庇を柱なしで3m出しています。柱のないことによって正面からだけでなく側面からの車の移動も可能です。トラックの横付けも安心です。

窓付きテント倉庫

窓付きのテント倉庫ですが、光を入れないため、黒パネルになっています。入口はシャッターになります。

切妻型テント倉庫

妻面と側面に入り口を設け、間仕切りをして使い方は2通りに

4寸勾配のテント倉庫です。

通常の倍の勾配です。もうすぐ完成です。雪も滑って積もりません。2寸でも大丈夫ですよ。※間口18m×25.5m 

秋田県での施工事例です。

テント倉庫の発注を頂き、秋田県秋田市まで行ってまいりました。現場はとてもやり易かったんですが、ナビを頼りに長ーい道中でした。お施主様に気に入っていただけたことが、何よりです。



ページトップへ