大型テント倉庫
有効高9mのテント倉庫

間口11.2mですが、積雪が1mであることと、高さがあること、トラス巾を500にした為
76.3Φのパイプになりました。

多雪地域でのテント倉庫

間口12mですが、76.3Φのパイプを使用
トラス巾80㎝、柱間隔1.5mになりました。

テント倉庫増築

既設テント倉庫に増築の申請をした物件です。

大型テント倉庫 666号申請

積雪70㎝地域での物件です。25m×42mのテント倉庫、主要パイプが101.6Φになりました。
不燃膜材での対応です。

福島県 12m×30mのテント倉庫

福島県での申請物件 積雪90cmのため柱間隔を1.5mピッチにて計算してあります。

内張りに高遮熱反射材を使用

倉庫の半分を省エネ効果抜群のアルミ箔を熱溶着した反射材を内張りに使用しました。

入口を蛇腹式にしたテント倉庫

18m間口を最大限に・・蛇腹式にしました。

21m×37.5m 大型テント倉庫

かなりの容量の製品や資材が保管できます。

テント倉庫20m×20m

間口20m、側面に4mの開口を2か所設けたテント倉庫です。



ページトップへ