大型テント倉庫
壁に換気扇を取付けたテント倉庫

次に建物を建築されるとのこと。延焼ラインにかかるので、防炎と不燃膜を合わせたテントです。
多くは天井に換気扇を設けますが、今回は壁付けの換気扇を取り付けました。
今回の生地色はホワイト、とても明るいです。

テントハウス完成

施工途中のテント倉庫の完成写真です。

天井クレーン一体型のテント倉庫

外見からは分かりませんが、内部は天井クレーンを備えた鉄骨造りになっています。間口28m桁行49.6mのテントハウス。不燃膜材を使用しています。

不燃膜と防炎膜を合わせたテント倉庫

隣地との延焼ラインにかかるため、延焼ラインの部分が不燃膜になっています。結露防止に内張を取り付けました。膜材の堺がわからなくなりました。

建物間の荷捌きテント

建物間が約18m、雨の日のリフトの出入りも、積み込みも
作業効率アップです。

基本的な確認型テント倉庫

間口10m奥行40m高さ4.5mのテント倉庫 積雪60cmに対応
不燃膜材を使用

作業目的のテント倉庫

窓と排煙窓を設けたテント倉庫です。
内部は内張りを張りました。快適な作業場になると思います。

既設倉庫に合わせたテント倉庫

間口15m奥行49.4m高さ6.5mのテント倉庫です。
ハンガードアをグリーンに・・アクセントをつけてます。

有効高9mのテント倉庫

間口11.2mですが、積雪が1mであることと、高さがあること、トラス巾を500にした為
76.3Φのパイプになりました。



ページトップへ